てくてく館 コンフォートタカヤ
店舗案内 サービスプラン ご活用事例 トピックス ブログ リンク集
ご連絡 通信販売
トップページ トピックス
足から健康を考える
インソール作成体験
足とカラダの診断体験
足の障害(その2)
足の障害(その1)
足のしくみ
SIDAS社インソール研修
足の障害
よくあるスポーツ選手の足の障害
■大腿部肉離れ

ダッシュなどの動作で筋肉の収縮時に急激な過伸張ストレスが加わり、そのため筋繊維の損傷(いわゆる筋肉がはがれる)が起こる障害の一般総称です。

■シンスプリット・アキレス腱膜炎


繰り返しのランニングやジャンプを過度に行った場合に発症しやすい障害です。 過度の運動量、運動時間、運動内容、日数またはフォームの変更、硬い路面、薄く硬いシューズ(踵の磨耗)、下肢の形態異常(O脚、回内足、扁平足など)、下腿三頭筋の柔軟性低下、股・膝・足関節の柔軟性低下、足関節可動制限などが発生の誘因となります。

■足底筋膜炎


原因はトレーニング量の増加や体重の増加による足底筋膜への負担の増加(オーバーユース)が主なものですが、扁平足やハイアーチ、回内足、足底の筋力や柔軟性の低下などもその原因となります。

■アキレス腱断裂


静止状態から急に動いたときにアキレス腱損傷の危険性があります。 一流の現役選手でも受傷するのは、それまでの疲労の蓄積や体調など、別の要因が複雑に絡み合っているケースが多いようです。

■中足骨の骨折


ランニングやジャンプ動作による過度の体重負荷が、長時間足部アーチに繰り返し加わることで発生するオーバーユース(使いすぎ)に起因するスポーツ障害です。 金属疲労(金属板の折り曲げ運動)と同様に、繰り返しの屈伸負荷が中足骨に加わって起こるので、一般的な骨折とは発生原因が異なり見過ごされることがあります。
障害の予防と軽減
運動量や練習メニューなどの変更のほかに、ストレッチングや正しいサイズと足の特徴に合ったシューズを選ぶことが大切です。 また、疲労軽減や足のバランスを整え関節をスムーズに動かすために足底板(インソール)を用いることが重要になります。
今回のアドバイス!
スポーツをする上で重要なことは、ケガをしないということです。 将来の活躍を期待された選手が、ケガのために若くグラウンドを去ることも少なくありません。 そうならないためには、自分の身体を知ることです。 疲れや痛みをごまかすのではなく、素直に受け入れ対応することが必要です。 休養を取り身体を休めることや、身体のコンディショニングに注意することで、ケガを未然に防ぐことが可能になります。
Vision 11月号「足と靴とインソールの話」より引用
協力 : Vision つくばFC
このページの上へ
COMFORT TAKAYA All Right Reserved